バックナンバー

2005/08/04

◆マザーズ指数は10時半頃1800ポイントを割れた後引けにかけ戻したものの、3日連続大幅下落となった。2月3日以降は2000台乗せが適わず、今月2日も1963で頭打ちとなった。また、ジャスダック平均は1日に年初来高値を付けたものの、その後3日続落し下値抵抗ラインの25日線を割り込んでしまった。新興市場のパニック的な下げに、きのう一時平均株価が1万2000円台に乗せたことで当面の目標を達成した?東証1部市場は10時20分頃にこの日の最安値を付けた。今朝、郵政民営化法案は週明け8日以降の本会議採決かと報じられ、懸案事項が数日ではあるが先送りとなったことも嫌気を誘った。が、基本は、やはり調整を望んでいたのだとみてよさそう。■2部市場や新興市場に流入している投資資金は目先狙いが多く、逆張り発想の買いが入りにくいため上げ下げが一方通行的になりやすいといわれる。しかし、新興市場にはバイオベンチャーや携帯電話関連などハイテク、サービスを手がける若い企業が多く(PERで説明できない株価だと見る投資家もいるが)、新時代を開く産業群や企業群は企業の成長によって答えを出すことが多い。上下ともに行き過ぎることは多いが、魅力十分の市場から目を背けてはならない。

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


◆本欄注目の◎動画の逐次配信を手掛けるJストリーム(4308・マザ)は上場来予想を裏切る収益の伸びにとどまってきたが、テレビ番組のパソコンや携帯電話による配信で成長期入りを期待する声が聞かれる。25日線を割り込んだ後上げに転じた。本音は25万円処の75日線水準を拾いたいが、週明け以降も下げ渋るようだとまず打診買いしたい。◎インデックス(4835・ジャス)は75日線から200日線(28.5万円〜27万円)がメド。その技術部隊のコネクト(3736・マザ)は長期下降トレンドから脱しきれず、一気に上場来安値となってしまった。こちらは様子見。機会を待ちたい。◎サイバード(4823・マザ)は25日線にタッチした後反転し、3日ぶり反発。あす以降の動きに注目したい。■バイオベンチャー株は、◎そーせい(4565・マザ)を除き全滅だが、赤字幅が縮小に向かっているアンジェスMG(4563)が75日線にタッチしてきた、200日線は60万円処にあり、ここから買い場を探したい。■東証1部では、年初来高値で16年ぶり高値水準の含み資産関連株片倉(3001)に継続注目。◎低位株では環境関連・自動車関連株で長期三角保ち合い上放れ期待の北川鉄工(6317)のきょうの活況ぶりに注目したい。

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ