バックナンバー

2016/02/24

◆日経平均株価は前日比136円26銭安の1万5915円79銭と続落した。23日のNY金相場は反発したもののNY原油は急反落し、LME非鉄市況も反落。欧米株式市場も反落し、円は対ユーロで6日続伸、対ドルでも112円05〜15銭と反発した。前場中の国債市場で年限が10年以下は全てマイナス金利となった。

 日銀は物価上昇トレンドを逆戻りさせないとの強い意志があろう。しかし、2%の物価上昇目標実現に打つ手が当り、マーケットの期待に欲しいものだが、螺旋階段状に下に沈んでいく状況から脱出するための明かりのようなものはまだ何も見えてこない。手元に回ってきた火の玉を、次の市場に回していくだけで時間が過ぎていく危険な状況はいつまで続くのか?

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


◆当欄中核30銘柄の本日は11勝17敗2分と厳し状況に変わりはない。前号で記した住友鉱(5713)は14円安の1204円と3日ぶりに反落も終値で1200円台は維持した。とはいえ、6月高値からの下落基調が続くなかでは、やはり「買い」を言うのは無理だった。前日のNY金は反発もLME非鉄市況は揃って下落・・。資源価格の底打ち確認までウォッチングを継続すべきであろう。

 なかで、直近記している●星野Rリート(3287)は3万円高の134.4万円と反発した。一時、135万円と昨年8月以来の高値水準を一段切り上げた。出来高も11日ぶりに1000台を超えた。前週末に超えた52週線からプラスかい離を拡大する動きとなるか?期待しつつウォッチングを

 ●サイバダイン(7779)も引き続き期待したい銘柄だ。前週末こそ7日ぶり反落したものの、12日安値1454円から切り返し終値1888円まで戻してきた。週足ベースでも4週間ぶりに全移動平均線を回復・・と頑強な動きとなってきた。1月高値2094円に対し今月2日は2077円と17円届いていないものの、早期の2000円台回復、そして、高値挑戦が期待できそうだ。

 ●東急(9005)は前々週の急落で再度の長期線52週線割れとなったものの、前週の反騰で一気に週足長期線を回復。この日も反発スタートとなった。4ケタの壁が立ちはだかっているが、52週線上の上昇基調にあり、引き続き、全般波乱時には拾っていきたい。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ