バックナンバー

2012/06/08

◆やっと、株探(かぶたん・Kabutan)版「魁」の原稿が仕上がり、サイトにアップしようとしたら、記事をアップするシステムがうまく起動できない・・。昼には、なんとか記事をアップするシステムは動いてくれたのだが、「さて、書き終わった、1件落着だ!」と思ったのに・・。■既に、私ひとりとなっており、スタッフはいない。となれば、きょうの同サイトでは記事落ちとなるしかない。ここまでの時間は無駄になってしまった・・。私は、ちょっとしたトラブルでもパソコンに泣かされてきた。知っているひとには何の問題もないことなのだが・・。当欄記事も、時間が押し迫った今となれば、予定していた記事は後日に変更するしかない。

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


◆それにしても、後退戦はつらい。殿(しんがり)を努め続けなければならないようだ。命を失う確率が極端に高くなる!が、しっかりと殿を果たした後、城に戻れば得るものは大きい。

◆日経平均は前日比180円安の8459円と4日ぶりに大幅反落し、4日の年初来安値から切り返した半分強を消した。7日に中国が利下げを発表し、欧州株は急伸した。が、スペイン国債の格付けが3段階引き下げられたことやバーナンキFRB議長の証言で追加緩和期待が冷やされNYダウは引けにかけ上げ幅を縮小した。東京市場もまた売り先行でスタート。アジア株がそろって軟調展開となり、円がしだいに下げ幅を縮小する展開となるなか、下げ幅を拡大、TOPIX全33業種そろって下げた。内需株も値下がり率下位ではあるがそろって下げた。

◆前号で記した大塚HD(4578)も全般相場が厳しいなかでは、やはり身を軽くして保有したい。そして、マクドナルド(2702)、コスモス薬品(3349)、トリドール(3397)など消費関連もいったん持ち株を減らして、様子をうかがいたい。●ショーボンド(1414)は現在1890円前後にある200日移動平均線を生命線と考え、これを割り込むまで持ちたい。

◆そして、もし、大きく下げた時に、打診買いから入りたいのは、1日付けで記したセブン&アイ(3382)。4月高値から上値が切り下がり調整色が強くなっている。セブンイレ主導の企業力アップが期待材料だ。3月月足陽線は大きく、陽線の下線2245円にはあと100円だけのりしろが残っている。週足でも、26週線や52週線が下に控えている。世界同時暴落のリスクも想定しての相場だけに、安心はしないで事態を見つめたい。消費税連続引き上げで10%となる方向は逆風だが、中期下値切り上げチャートが生きている間は、業績面から、市場環境面から、人気面から注目していきたい。

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ