バックナンバー

2014/03/25

◆日経平均株価は前日比52円11銭安の1万4423円19銭と反落した。前日に回復した(長期相場を示唆する)52週移動平均線を割り込み、今週末に52週線へのプラスかい離を回複することかできるかどうか?微妙な状況がなお続いている。前週末の米S&P500種指数は取引時間中の過去最高値を更新したものの、週明けはNYダウとともに続落始動となったことが重しとなり、東京市場は売り先行で始動。しかし、明日26日が3月期末配当権利付き最終売買日とあって、後場半ばにかけては5日連続となる1万4500円台乗せ場面もあった。ただ、円が対ドルで反発、ユーロで上げ幅を拡大する展開となったことから上値は限定的だった。■一方、TOPIXは0.66ポイント高の1163.70と小幅続伸した。NY原油先物続伸に後押しされた資源や素材関連のほか輸出、内需関連の一角など19業種が上げ、金融・不動産の一角や内需、輸出関連など14業種が下げた。値上がり率1位は鉱業で2.53%の続急伸、2位以下は紙パルプ、3位繊維製品、4位陸運、5位倉庫・運輸1.28%高と内需関連が続きいずれも続伸。一方、値下がり5業種は、1位がその他金融で2.11%の反落、2位情報・通信、3位証券・商品先物、4位不動産、5位小売は1.05%安・・といずれも続落だった。(日経平均株価をTOPIXで割って求める)NT倍率は前日比0.04下がり12.39倍と11日連続で上げ下げ繰り返しであり、52週線沿いの安定的な上方かい離相場に転じることができるかどうか?がテクニカル面での当面の課題。ただ、昨年相場では「魔法の杖」の如く飛び交っていた「アベノミクス」なる言葉は、年初から2月初めにかけての一転大暴落相場により市場では聞こえなくなっていった。そして、「アベノミクスって日銀の金融緩和以外に何かあった?」との失望の声がマーケットに満ちてきた!?

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


◆1部市場出来高は前日比2億5155万株減の26億6423万株と4日ぶり減少に転じ、売買代金も2兆4431億円と4日ぶりに減少に転じ、上値志向に転じるにはエネルギー不足・・。25日平均騰落レシオは前日に10.5ポイントの大幅上昇となったこともあり、2.6ポイント下がり93.4に後退。14日以来の100ポイント台回復は次ぎを待つ・・。■ニコン(7731)が9日続落・・となり、11年10月以来2年5カ月ぶり安値に沈んだ。中国が批判の標的としてニコンのデジタル一眼レフカメラ「D600」を取り上げたことが背景という。報道によれば、毎年3月15日の「世界消費者権利デー」に合わせて放送した、国営中央テレビ(CCTV)の特番「3.15晩会」で、D600を問題視したという。撮影した写真に黒い粒状の像が写り込む現象が多発しており、これは製品の欠陥だと指摘。番組放送後の週明けニコンの株価は前日終値まで5日連続で下落。成長市場の中国での販売悪化懸念が浮上した。加えて、日本では4月から消費増税がスタート、デジタルカメラ市場の縮小に伴う販売減が業績を下押しすることへの懸念も根強い。円安展開も期待通りには進行しない・・。

◆中国経済への懸念も逆風。もっとも、株価に織り込み済みとなれば、悪材料出尽くし感が生まれるのだが、まだ、悲鳴が上がるほどの厳しい下げではない。●昨年11月第3週以来の52週線回複となってきたプリマハム(2281)は、5月の決算発表までは業績増額発表しないのが恒例であり、発表されるのは計画超過の着地。しかし、「来15年3月期は経常減益」・・の株主泣かせの厳しい業績予想。では、株価が人気付く訳がない・・。52週線クリアからどこまで上に株価がジャンプできるやら・・。●ヤオコー(8279)は大幅高で5連騰。ただ、前日は高値更新も終値は上げ幅の半分以下、この日は5800円と3日連続で最高値を更新も終値は160円高の5330円に上げ幅を急縮小。当欄の手を放れた・・。手持ち株は「売り」としたい。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ