バックナンバー

2013/03/11

◆日経平均株価は前週末比65円高の1万2349円と8日続伸し、6日連続で昨年来高値を更新した!8日続伸は2009年7月に9連騰して以来の長さとなる。前週末の欧州では、イタリアの長期国債の格付けがフィッチに引き下げられたが、スペイン国債利回りが10年11月以来の水準まで低下したことからそろって株式相場は続伸。米2月雇用統計も非農業雇用者数が市場予想を上回る伸びとなり、失業率も改善とおあつらえの好結果となり、欧州株の4日続伸に続き、NYダウも6連騰し4日連続で過去最高!を更新した。また、海外為替市場で円は対ドル、ユーロで3日続落、東京でも続落したことから幅広く買いが広がった。TOPIX業種別株価指数は金融関連、資源エネルギー関連など商品市況関連、そして、輸出関連が値上がり率上位から中位に並んだ。一方、唯一下げたのは当欄中核の内需関連で2業種が下げ、また、値上がり率下位に並んだ・・。ただ、前号紹介の当欄チェック内需関連株銘柄ページは引き続き値上がり銘柄数が圧倒、昨年来高値更新銘柄も前週末を1銘柄だが上回る13銘柄が高値を更新した。もちろん、ここまで来たのだから、利益確定売りをして手持ち株数を軽くしたい。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


◆昨日午後、筆者が京急蒲田駅から品川駅に向かう電車は燻ぶり澱んだ空気を切るように走った。前日午後の東京都心ではまだ3月だというのに今年初の「夏日」!そして、車窓からは中・高層ビルだけでなく低層帯でも灰色のもやしか見えなくなっていた。この日朝刊には大気汚染が続く中国ではダイキン(6367)の空気清浄機販売台数が急拡大中だと日経報道があった。前日、いかにも健康に悪いと思える「煙霧」で霞んでいたことも、ダイキン株を押し上げた!?ダイキンは5日続伸した。一時前日比135円高の3890円まで上げ幅を拡大し2月6の昨年来高値を更新、2010年4月以来ほぼ2年11カ月ぶり高値を付けた。報道では、13年2月の空気清浄機の販売台数が前年同月比39%増と急伸したという。同社はエアコンで世界トップであり、大気汚染が深刻な中国から日本に飛来する微小粒子状物質(PM2.5)への不安などを受け西日本中心に空気清浄機の販売台数が急増したという。3月の販売台数も伸び続ける見込みだという。報道があった後での買いには注意が必要だが、中国内陸部の空、空気を見ている限り、少々の対策では日本の空も不安であり、洗濯ものは部屋の中で、乾燥機で乾かし、空気清浄機やマスクも必要な時代が、また、戻ってくるとは思いたくないが・・。日本にも、かつて車の排ガスによる汚染対策が採られるまでかなりの時間を要したが、越境してやってくる公害はさてどう対策をたてる?

◆当欄注目の外需関連では、シスメックス(6869)、アンリツ(6754)が高値を更新し、浜松ホトニクス(6965)も上昇基調が止まない。ただ、リーマン・ショック前の高値圏である3900円台後半に入ってきたことから、高値波乱期入りが目前とみて、ここは4000円の壁突破を待ちたい。

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ