バックナンバー

2012/11/19

◆この頃、妻に少し笑顔が戻ってきた。筆者の母は、長年気楽なひとり住まいになれていたが、ケアホームにある意味放り込まれて、なれないベッド暮らしなど意のままに振舞えないことになおストレスがたまっているものの、前回訪問時よりも少しは気持ちが和らいだようだ、という。そして、昨秋、結婚したソウルの姪の赤ちゃん写真や動画が妻のスマホに次々と送信されてきていることに加え、在シドニーの姪が弁護士事務所を移る前に欧州旅行を予定、その前に、日本に2週間ほどきてのんびりするとの電話があったからだ。来月の今頃は我々夫婦の結婚30周年記念日を迎えるのだが、今回は、別段特別なことはしないで、2泊3日の短い旅行ですまし、来春に何かしようとの計画だが、さて・・。■週明けの日経平均株価は前日比129円高の9153円と大幅高で4連騰し、大幅に3日続伸したTOPIXとともに9月19日以来ちょうど2カ月ぶり高値水準を回復した。 16日の欧州主要株はギリシャ支援問題で欧州連合(EU)とIMF(国際通貨基金)との対立が続くとの懸念から3日続落。しかし、米国市場では「財政の崖」回避への動きの進展が期待されNYダウが5日ぶりに反発するなどそろって反発した。もっとも、回避への動きが急進展した訳ではない、二歩前進一歩後退でも前に進んでいるかどうかがポイントだ。ただ、NYダウは、日足ベースでは長期相場を示唆する200日移動平均線に対するマイナスかい離は3.0%と6月4日のマイナス1.1%を大幅に割り込んできた。もっとも、昨年9月22日の週末にはマイナス9.4%まであったのだから、09年3月安値6469ポイントを基点とした今回の上昇相場が大転換してしまったとの判断はない。■NYダウと比較して日経平均がつらいのは、10年4月のリーマン・ショック後戻り高値1万1408円から右肩下がりの相場に変化が見られないことだ。自民党政権でこの流れからの脱出が出来るかどうかが、ここからの相場の方向を決定しそうだ?

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


◆ショーボンド(1414)は200日線割れから3日連騰も3日連続で25日線が上値を押さえ込んだ格好で上値が追えない。ただ、週足ベースでは26週線のサポートが3週目入り、ここから、一段上の相場に突入できるか?にらめっこから目を放せない。●一方、1128円と年初来高値を付け、07年以降の1200〜1320円の頑強な上値ネックラインを目前としたのは東芝プラ(1983)。1200円台乗せは一部持ち株を除きいったん「売り」とする。さて、どうか?●筆者が毎日通勤に利用するのは東急(9005)東横線だが、これまでは、渋谷駅から山の手線外回りで新宿駅、中央線で荻窪駅とのコースだったが、来年3月16日には、名物渋谷の東急プラットホームから地下化、都営副都心線との相互乗り入れとなり、丸の内線経由で荻窪駅に到着となるが、定期代はかなり跳ね上がりそうだ。筆者が大学時代には新宿が全てという感じだったが、今は渋谷の情報発信力が勝る。●東急不(8815)は09年6月以降の480〜490円台の上値ネックラインに急接近。500円台乗せからが本番だが、やはり、450円以下が買い場か。東京市場では、12月16日投開票の衆議院選で自民党が他党をリードしているとの報道や円相場が一時81円台半ばと7カ月ぶり安値を付けるなど4日続落したことから、先週後半からの騰勢は止むことがなかった。もっとも、安倍普三自民党総裁が首相となった後、「無制限の金融緩和を実施してデフレからの脱却をはかる」と語ったと伝わったが、マーケトが買い材料視した、期待通りに政策が実行できれば世話ないが・・。民主党が思いつきを集めてマニフェストをつくったが、結局、「無知の罪」により、獲得した座からあえなく落下してしまった。選挙後に実行に移されるであろう第1の政策以下は、現在、市場が買い込んでいる相場を、後押しするものか、それとも、まるで違ってしまうのか?不明!

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ