バックナンバー

2014/08/15

◆今日は、オーストラリアに家族で移住した義兄の60歳の誕生日。バースデイ・カードはまだ届いていないと朝の電話では返事があった(出すのが少し遅すぎた・・)。10月には、韓国で還暦の祝いをするため、日本にも久々に立ち寄り休暇を楽しむ!その後、ソウルで祝賀会をすることになっているとの話しが決定。義兄は自分の体を壊すことで兵役を拒否した。韓国IBMにいたが乞われてオーストラリアIBMに転じて移民したつわもの。妻は、ただ、義兄の生きている間に結婚ができるのか?と姪っ子の結婚が決まらないことに不満。一方、姪っ子は弁護士として自立、親譲りの頑固さを持ち合わせ、数年に1回の1カ月間前後の長期世界旅行などを友人たちと楽しむなど悠々自適の生活。妻は、大好きな姪といることができないことが悔しそう。自分ひとりで毎日勤めに出る姪のところに行っても面白そうになくてと愚痴っていたが、今は、10月を待つ楽しみでワクワクすると!

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


◆さて、週末の東京市場は生煮え相場となった。ただ、日経平均株価は僅かながら5日続伸しただけといった感じ。週初めから4連騰で530円強上げていたこともあり、後場前半までは利益確定売りに押される格好となえい、引けにかけ申し訳なさそうに水中から顔をちょっぴり上げ、1日値幅は僅かに51円。前日比3円77銭高(0.02%と言う少なさ)の1万5318円34銭で終了。それでも、前週の下げ分の7割超を埋めた・・。が、出来高は15億株台と4月14日以来の低水準。■今朝の日経新聞は「京急、カジノ参入検討、企業連合でリゾート整備、横浜市と台場地区を具体的な候補地として」と報じた。これが引き金となり、連日、今日の獲物は?と目を光らせている短期資金の買いを呼び込み、●京急(9006)は買い気配で始動。一気に年初来高値を更新。昨秋以来の高値を付けた。筆者チェックのカジノ関連銘柄グループでは、●貨幣処理機大手のグローリー(6457)が5日発表の4−6月期経常12%減の幻影に小反落し、●イオンモール(8905)、乃村工藝社(9716)がわずかに1円安となったものの、●国内でのカジノ運営参加へ投資会社設立のコナミ(9766)は4日ぶりに反発し7日の戻り高値にあと15円と迫る2487円まであった。もっとも、日経新聞にあぶりだされた格好もあって、買い一巡後は伸び悩む展開に・・。ジリ高基調ならともかく、目先資金の買いで首吊り天井足だけは御免蒙りたいものだが、世の中はままならぬもの。●三井不(8801)、地所(8802)もカジノ関連とカウントして3ケタの出来高銘柄は、パチンコホールのマルハンが筆頭株主でホールの建設・内改装を手掛ける●イチケン(1847)があったのみ。258円があって終値は12円高の251円。いずれにしても、秋の臨時国会でIR(統合型リゾート)推進法案が成立する頃の相場を想定して、トップ10銘柄を選別していかねばならない!最後は、相場は相場に聞くしかない(といっても、相場にはじき飛ばされない銘柄を選別したいものだ)。

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ