バックナンバー

2012/04/10

◆7日付け「NIKKEIプラス1」に、小さく小岩井農場の一本桜の写真があった。1970年代半ばのゴールデンウィークに、友人達と3人で東北旅行した時、岩手山を背景に一本桜は美事な満開で迎えてくれたことを覚えている。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


◆たった一本、凛としてそこにあった。何枚も写真を撮ったが、皆に渡して、手元には1枚だけ残っている。片足を上げてスカート姿でおどけた彼女は、その後、退職後、いわき市に戻ったが、やがて連絡が途絶え、昨年の東日本大震災でどうなったのか?ドライバー役だった先輩にも分からず、まあ、結婚して今頃は孫でもあやしているのではないかと楽観しているのだが。あの時、車は十和田湖を経由し八戸に出て、三陸海岸を国道45線沿いにゆっくりと4日かけて南下。最後に松島で泊った後、いわきの常連となった民宿に戻った。ゴールデンウィークと言っても、数箇所を除き観光地を避け、渋滞とは無縁でのんびりと南下したリアス式海岸のあちらこちらが、今も浮かんでくる。しかし、その海岸のいくつかは地震に襲われた。そして、いわきで常宿だった民宿は代替わりしたが被災。再開のめどはまだたっていないようだ・・。さて、日経平均は8円安の9538円と小幅ながら続落。09年7月以来2年9カ月ぶりの6日続落だ。米国株安や中国貿易統計で輸出入金額とも伸び率が急低下したこと、加えて、日銀が金融政策決定会合の後に政策金利などの現状維持を発表したことから円が下げ渋り(5時には3月7日以来の高値水準に上昇した)売り優勢の展開となった。

◆マクドナルド(2702)は2222円の年初来高値を付け、終値は2215円と堅調だったが、●コスモス薬品(3349)は前日の高値から反落、●トリドール(3397)は1097円の分割後高値を付けた後、変わらすをはさみ10日ぶりに反落。いずれもよく上昇してきた。が、過剰流動性相場といえる世界同時株高は、金融緩和期待が後退すれば、下げも急となる。ここまで、内需関連中心に買いとしてきたが、いったん、利益確定の売りを急ぐべきではないか。そして、中長期線水準で下げ止まったと確信した後、買いを考えるべきか。●輸出関連ではアンリツ(6754)をいってきたが、4ケタ割れ。ここから、ゆっくり買い場を探したい。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ