バックナンバー

2014/01/21

◆前号でやや一息入れて欲しいとの思いもあって記したKNTCT(9726)だが、出来高を676万株と、昨年11月26日に08年11月以来の高値を付けた時以来の高水準に膨らみ、7日連続で昨年来高値を更新した。低位株であることが手掛けやすさとなり、前号の―高値波乱があっても不思議はない。しかし、上値の飛びつき買いはともかく、相場の中勢上昇基調が続く間の「突っ込み・押し目買い」を慌てることなく実行することは「OK」―との記事をあざ笑う格好となった!?まあ、「東京五輪・カジノ構想」テーマ関連として、中長期線沿いの好チャートが続く間は、調整色を強めかつ下値サポートラインが下支えしている場面などで打診買いをして、ウォッチングを続けたい。■また、タケエイ(2151)はこの日、200日移動平均線に接近したところで反落した。12年9月の500円割れ、もっと古くは11年3月東日本大震災前の10年10月253円を基点とした長期上昇相場の延長戦とも見える。後は、52週線を割り込み、昨年9月高値1745円が天井だと確認させられてしまうのかに最大の注意を払ってウォッチングを続けるかどうかは、自己責任となる・・。

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


◆さて、セブン&アイHD(3382)は東日本大震災発生後に付けた1755円が最高値。4月の消費増税後も快走が続くのかが当面のポイントとなる。同社業績がコケルようでは、消費関連のみならず、政府の思惑を狂わす時代がやってくると見てよい。21日の日経では「セブン&アイ、ネット広告費10倍強に、リアル連携を強化」とあった。そして、現在のグループ全体の広告宣伝費は約1000億円で、ネット広告費はその0.8%であり、日本の広告費に対するネット比率14.7%に対し、セブンの比率は極端に低かったと指摘。リアルな店舗、ECサイト、電子メール、ソーシャルメディアなどあらゆる顧客接点(チャネル)を活用して、ひとりの顧客に対し各種チャネルでも同様に接客・商品販売する「オムニチャネル」に大きく舵をきる動き、小売業第2ステージに向かう動きと無関係ではない、と報じた。オムニチャネル時代入りは、全国店舗チェーンを有す同社にとって追い風となる。株価は、06年1月のHD化後上場高値5420円から、リーマン・ショック洗礼後の09年12月最安値1831円を大底に上昇転換。今も、12ヵ月移動平均線にバックアップされる格好で6ヵ月線沿いの上昇基調にある。週足、月足は日々の動きには参照しづらいが、ボチボチ派には魅力大。まして、全般急落時に中・長期線が下支えした場合はチャンスとなる。突っ込み場面や波乱時がチャンス!■昨年注目株のプリマハム(2281)が昨年12月11日以来の200円台を回複した。出来高は70万株弱であり、全体相場の流れに沿っただけのものであろう。主力のハム・ソーセージ事業で稼ぐ力がついてきたうえ、セブンイレ向け惣菜事業が好調。あくまで控え目な同社業績開示姿勢に泣かされてきたが、新たに高評価を得る時はもう近くにやってきている・・?この日ようやく、13週線をクリアして200線をわずかに上抜いた。次は早いうちに26週線(206円)をクリアすることが出来るか?に注目。

◆この日も、エスフード(2292)が9日連続昨年来高値更新し、モスフード(8153)と最後は小反落となったが松屋フーズ(9887)は8日連続更新・・と外食関連で7銘柄が更新しておりセクターの勢いは続いている。ある意味プリマにも応援材料となる!?■また、フォトクリエイト(6075)は毎日値動きが荒っぽいものの下値が着実に上昇しており、ナベ底脱出、新たな株価評価の相場スタートへの期待感は膨らむばかり!全般急波乱時の同社株の動向が注目される。

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ