バックナンバー

2011/03/11

◆3月第2週末の11日、14時46分に観測史上最大のマグネチュード8.8の「東北地方太平洋沖地震」が発生した。地震と津波で被害にあわれた方が、文字通り東北地方の太平洋岸から我々の住んでいる東京・関東地方の拾い範囲で激しくかつ数時間に及ぶ揺れが続いた。筆者が生まれた年の暮れに昭和南海地震があり、両親は激しい揺れに障子が動かなくなり布団をかぶって震えていたと聞いた。が、きょうの揺れは激しくかつ何度も、何度繰り返す、そして、日付けが変わろうとした今もまだ揺れている、初めての心底怖いと感じた地震だった。幸い、部屋に何人もいたから心強いが、それでも、一度は、ビルの外に出た・・。今も、これを書き終えた頃に、妻が迎えに来て、車で帰ることになっていたのだが・・、携帯電話がつながらない!

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


◆日経平均は前日比179円安の1万254円と続急落。前日の市場ムード悪化に加え、景気悪化懸念から海外市場が続落で終った流れに、朝方から売りが先行。地震発生後は先物先導で一気に下げ幅を拡大し安値引けとなった。TOPIX業種別株価指数は2日連続で全33業種がそろって下落した。■10日の海外市場は、スペインの国債格付けを米格付け会社ムーディーズが引き下げたことを受け欧州債務懸念が強まったうえ、米国の前週失業保険申請件数増など経済統計が悪化したこともあって、NY金先物が急反落し、NY原油先物は続急落。NYダウをはじめ欧米株は続急落した。大地震と津波・・、まさに、日本は踏んだりけったりの状況。

◆そんななか、サイバー(4751)は前場寄り付きが4700円安の27万5500円に対し終値は前日引け値とおなじ28万200円で引けた。地震災害では携帯電話がほとんど使用できなくなるが、メールなどはOKのネット時代とあって、巻き返した?知友は、「他のブログに比べサイバーのアメブロは、アクティブユーザー数で圧倒している!アメブロは最初からアクセス解析がセットされている。が、他社のシステムでは最初やり方がわからずアクセス解析に時間がかかった。そして、アメブロは立ち上げた最初の週の1日平均ページビューは200と他を圧倒した。その仕組みが同社を評価する最大の理由」という。近く会って仕組みを詳しく聞くことになっているのだが・・。もっとも、「買いは遅く」を当面の姿勢としたい。ただ、全般相場と同時に下げていった場合、戻り相場に転じた時に、最初に買う銘柄のひとつとしたい。●メッセージ(2400)もまた、前日比変わらずの23.5万円引けであり、13週線上だ。22万円台の26週線、21万円台の52週線まで下げても好「買い」場のチャートとみている。●マクドナルド(2702)も小幅続落だが、52週線沿いの上昇基調は維持している。●また、9日付けで紹介の精密制御減速装置主力のハーモニック(6324)は3日ぶりに反発した。中国などアジアの工場自動化が進展するなか、省力機器関連株として見直し人気が高まりつつある。これも、「買い」ウォッチングを継続。●そして、全般市場が暖まり始めた時は、短期的に主力株からピックアップしたい。ボーイング787の炭素繊維を手がける東レ(3402)もそのひとつ。既に、2月初めに09年8月のリーマン・ショック後高値を更新。きょう09年8月水準まで下げてきた。まず、ウォッチングを開始する。

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ