バックナンバー

2015/05/07

◆大型連休明けの東京市場で日経平均株価は前週末比239円64銭安の1万9291円99銭と大幅反落した。6日のNYダウは続落。イエレン米FRB議長の株高発言が伝わったうえ、5日発表の3月貿易収支では赤字幅が1996年以来の大きを記録。ADP4月全米雇用リポートは民間の雇用者数増加は市場予想を大きく下回る見通しとなったことから、米国景気の腰折れ懸念がちらついたとの指摘もあったという。東京市場では円反発展開となったこともあり、朝方から売りが先行し、次第に上値が切り下がる格好となった。■明日8日はトヨタ(7203)が15年3月期決算を発表する。昨年の決算会見で豊田章男社長は、15年3月期を「意志ある踊り場」と表現。短期的な生産・販売拡大ではなく、長期的な視点での生産効率化など経営の足場固めの1年に位置づけるとしたが、さて、どうか。同社株価は3月に上場来高値を更新。その後、上値の重い展開となっており、この日は13週線割れとなったが、取引時間中の株価は如何に?そして、発表される前期決算状況と今期予想が注目点となる。前期の世界販売台数は前年度比0.3%増の1016.8万台超となり、トップの座をフォルクスワーゲンに譲った。もっとも、昨年は年間1000万台安定供給体制構築の年とすれば、今期は生産拡大も期待できそうだ。同社は18〜19年にかけてメキシコと中国での新工場を新設する計画という、新たな動きに入っていく年となる。この日は13週線割れとなったが、中期相場を示唆する26週線は7883円にあり、長期の52週線は6980円弱水準に控えている。全般波乱の時のメルクマークはやはりトヨタ株となる!

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


◆藤田観光(9722)が40円(8.5%)安の431円と大幅続落した。気象庁が6日午前6時に、箱根山の火口周辺警報を発表。噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)へ上げた。箱根山の火山活動が活発となっており、今後大涌谷周辺に影響を及ぼす小規模な噴火発生の可能性があるとしたことから、箱根近辺への観光客減少懸念が売りを誘った。筆者も証券時代から会社の旅行や友人達、家族など近くて便利で素敵な温泉地として随分と箱根に通ってきた。大人数の時は車だけでなく小田急電鉄(9007)を利用して楽しんできた・・。今後の火山情報待ちだが、この日は26週線にタッチ。52週線は399円水準にある。噴火情報をチェックしつつ株価も見守りたい。●前号で突っ込み場面を待ちたいとし、全般波乱時に買い場を探したいとしたサイバダイン(7779)だが、同社の装着型ロボットスーツ「HAL」は介護福祉・生活支援だけでなく業務用にも拡大の兆しが見え始めてきたことから、注目度をさらに一段上に上げるべきであろう。●当欄注目のセーレン(3569)が続急伸し一時1200円台を回復した。2007年7月以来約8年ぶりのことだ。引き続き、短期突っ込み場面があれば拾っていきたい。

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ