バックナンバー

2011/11/25

◆先週土曜日に新大久保駅で知友のひとりと待ち合わせた。あいにくの小雨とあって、大久保通りに面した狭い駅出口はひとであふれかえっている。歩道もまたヒト、ヒト・・。週日でも午前中から車道、歩道とも車、ヒトの流れは途絶えず、人通りのない商店街を見慣れたものは驚くしかない。目的の韓国食堂へ大久保通りを明治通り方向に進むのは人が多すぎてわずらわしいことから、職安通り方向に迂回して行った。久々に歩いた職安通りもまた随分景色が変わっていた。妻の友人が手がけているレストランは今もしっかりと存在感をもって街の一角を占めていた。が、それでも、賑わいを見せた日韓W杯サッカーの2002年頃と違い、職安通りの韓国レストランや食堂は少なくなっていた。大久保通りに似せたショップが増えており、妻がかつて焼肉レストランを開いていたビルの一角で、女の子っぽい色彩の飾りを配して開店したばかりの美容関連の店の前では女性2人が呼び込みを始めようとしていた。友人は大久保駅近辺の評判は知ってはいた。が、来たのは初めてとあって驚きの連続だったようだ。しばらく散策した後、目的の店に行くため、大久保通りに戻った。明治通りに近く、新大久保駅からは足を伸ばすには少し遠すぎる店だが、お客さんはいっぱいだとママはいつも元気だ。その店は妻が2号店として始めたものだが、焼肉レストランを止める時に現在のママにバトンタッチしたもの。今では、新大久保コリアンタウンでしっかりと根付いたようだ。海鮮チヂミをママさんから差し入れてもらった。証券営業畑一筋で長年生きてきた知友は12月に証券営業を離れるが笑顔だった。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


◆さて、マクドナルド(2702)は今月1日に6月10日以来の高値を付けた後は小動きで終始。地獄から天国に振れるも先行きはまだ見えないがオリンパス(7733)相場の荒っぽさとは別次元の相場が続いている。2008年12月といえば、リーマン・ショック後の波乱期であり、全般相場が底打ちしたのは翌9年3月のことだが、その12月に新商品で話題を集め瞬間2170円を付けた。05年8月以来のことだ。その2170円まであと100円弱だ。が、その100円が遠い。しかし、ゆっくりではあるが上値を狙う格好にある。まず、5月末戻り高値2117円、そして、08年12月高値突破に期待し続けることにしよう。

◆前号にも記したベルク(9974)は何故か、30円高の1170円で寄りついたが、終値は21円安の1119円。4週連続で1100円台前半の終値となってしまった。前号で記したように同社は埼玉地盤の地方スーパーマッケットで売上高利益率の高さに注目したもの。この日大証で6日連続で年初来高値を付けたのが和歌山県でスーパーを展開しているオークワ(8217)の動きから、連想買い?オークワは今年3月の上場来安値640円から上昇に転じ、4回の連騰劇を展開中だ。が、利益率、PERから見て先行き相場はベルクに歩ありとみる。1100円台前半で打診買いした後、テクニカル面から様子を窺おう。

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ