バックナンバー

2011/03/10

◆前日からきょうにかけ内外で悪材料が満載!日経平均は大引けに向かって次第安の展開となり、前日比155円安の1万434円と3日ぶりに急反落。TOPIXも後場前半まで下げ幅を拡大した後、この日の安値水準でのもみ合いが続く急反落。TOPIX業種別株価指数は資源関連、金融関連や輸出関連セクターが下げをリード、2日以来6日ぶりに全33業種がそろって下げた。中国・上海総合指数が1.5%の大幅反落するなどアジア主要市場もそろって急落したことも売りを誘った。■リビアでは政府軍が石油基地を攻撃するなど内戦がさらに激化、10日の時間外取引でNY原油先物は3日ぶりに上昇した。9日のポルトガル国債入札が不調で欧州のソブリン債危機が懸念された。中国の2月貿易収支は赤字に転じ、世界景気減速懸念が強まり、安全を買う流れから?円は対ドルで3日ぶりに反発。17時には対ユーロでも3日ぶりに反発した。また、この日発表された日本の10年10−12月期GDP第2次速報は、1次速報から悪化、設備投資と個人消費が押し下げた。宇宙船地球号の逆走に、昨秋来の楽観論が試されている?

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


◆それにしても、今年の花粉症は厳しい。睡眠不足もかさなり目はかゆくしょぼつき、鼻は詰まるし・・。最寄駅までの桜並木の冬芽はまだ硬くて小さい。昨年までは気に留めなかったが、ほとんどが50〜60年?くらいの桜で、こけむした木が実に多い。すぐ傍の30〜40年くらいの木にもこけがからまっており。冬芽もあっという間に大きくなり、満開だ。しかし、若木が少なすぎることは気がかりだ。愛媛の山村時代は「桜三里」と呼ばれる国道沿いの桜のトンネルを歩いて小・中学校へ通い、高校時代には自転車で通学したものだ。しかし、世田谷に来て間もなく30年になるがその間、ずっと最寄り駅への行き帰りで桜並木の緑道を通ることができたのはうれしいことだ。地元商店街はかつての賑わいを失ってはいるが、今年も桜祭りで盛り上がるはずだ。

◆8日付け当欄で、目の前の道はなお難渋となりそうだ。もっとも、マーケットは「良い話、悪い話どちらも皆が知ってしまえば終りの世界」。「何がおこるか分からないから面白い!のが、マーケット」とつぶやきつつあすを待とう、と記した。しかし、チャートが壊れてしまった時ほど怖いものはない。設定したロスカット価格で処理しとけばよかったのに、とつぶやいてももう遅い。いつ、株価が買い値水準まで戻すのか?下落途上ではわかるすべもない。●当欄の中長期注目株、再生医療のセルシード(7776)は当分乱高下が続く?会社計画通りにいっても2013年12月期連結経常損益は2.39億円の赤字(今11年12月期は14.6億円の赤字)目標だ。それでも、重症の心臓病患者の心筋に、本人の足の細胞からつくった「細胞シート」を貼り付け機能を回復させる再生医療。自分の身体の一部から取り出すことで免疫の問題などがクリアでき、期待は大きなものがある。波乱場面で買い場を求めてウォッチングを継続しよう。●また、筆者年間注目株で事業構造を転換し利益率が上昇中のマクドナルド(2702)、●入居一時金不要で年金の範囲内で衣食住が可能な高齢者専用賃貸住宅「Cアミーユ」の展開が期待できるメッセージ(2400)、●ネット時代の第1人者に期待のサイバーA(4751)・・もウォッチングを継続しよう。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ