バックナンバー

2006/10/16

◆妻が新宿区大久保・職安通りでやっていた焼肉レストランを昨日で閉じた。98年、筆者が永年勤めた証券会社を辞めた翌2月からだから8年8カ月続いた。食べ物を扱うのに不利な地下だったが、当時は、コリアンタウンといわれた職安通り一番店として、日経流通新聞に新規オープンの店として紹介され、2000年夏に来日し、韓国から来たタレントして2000年以降で最初に成功したユン・ソナが日本デビューしたNHKテレビドラマでは、店を借り切っての撮影シーンがあった・・。そして、2002日韓サッカーW杯時には、1日60万円を越える売上があるなど、大活況が続いた。が、それは、同時に、新規・大型店の出店ラッシュの合図でもあった。大久保通りに出店した2号店を任せた後輩がオーバーステイで韓国に強制送還された後、後退戦が始まった。現在では、駅に近いという地の利を得た大久保通りにエスニックな勢力が拡大中で、小さな元2号店は大賑わいの皮肉。最後は、妻が自らフロアに出て悲鳴をあげながら持ちこたえ、閉店にこぎつけたのだ。開店は簡単だが、撤退は難しいなか、よく走りきったといえよう。筆者は店にはまったくノータッチだったが、焼肉だけでなく外食産業の栄枯盛衰は早い。筆者はワタミ(7522)の渡邊社長の目指す方向に期待し、注目しているが、株価、相場となるとおもったようにはいかない。02年12月安値574円をつけた後は、長期上昇波動にはあるが、目下、52週線が上値の重しとなっている。日経平均は逆に52週線を下値サポートラインとした上昇基調を継続し、世界同時株高のなか力強く上値を追っていると言うのに・・これでは、ワタミを買い推奨するのは難しい(先週末13日つけの<日経平均は日足でも、週足でも、そして月足でもすばらしい上昇基調の中にある>以下を参照)。

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


◆12日付デジカメ一眼レフ購入記で、「今年4月高値2325円突破から上昇ピッチが加速すると見て、タムラ(7740・ジャス)の2000円水準を割り込んだところから強気で押し目買いしたい」としたが、26週線にガードされ2000円割れは遠く、このまま4月高値突破からもう一段上の相場入りとなりそうだ。強気で攻めたい。詳しくは12日記事を参照。●11日付け紹介の三井造(7003)が一時22円高まで急伸。1月大発会高値459円を今にも更新する勢いにある。強気で攻めていきたい。

◆さきに、「えんぴつで奥の細道」が売れているとし、三菱鉛筆(7976)の好調に注目したが、引き続き52週線を下支えとした株価上昇が続く。このまま下げてしまえば三尊天井形成となるが、先は長い。強気で攻めたい。また、10日付けで紹介のNTT都市開発(8933)は2月の上場来高値が見えてきた。05年12月上場のパシフィックゴルフ(2466)<PGGI>は、大手3社が相次ぎ高値更新した不動産関連株、電鉄株に続く、消費・レジャー関連株として三角保ち合いうにあるが、臆することなく強気で押し目を拾っていこう。                                       

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ