バックナンバー

2015/01/07

◆7日の日経平均株価は前日比2円14銭高の1万6885円33銭とわずかながら5日ぶりに反発した。朝方は、6日に米国で発表された弱い景気指標(12月ISM非製造業景況感指数、11月製造業受注指数)から米景気楽観論がやや後退したNYダウの続落や欧州株続落基調が止まなかったこともあり売りが先行した。しかし、前日にかけ直近で大きく下げていたことから反動高期待の買いに加え、日銀のETF買いやGRIF買い期待、長期金利の2日連続過去最低水準更新に加え、円が朝方の1ドル=118.57円から上げ幅を縮小(後場には119円とび台に)する展開となったこともあり、前引け時点では1万7000円に迫る場面もあった。もっとも、その後は戻り待ちの売りなどに上げ幅を縮小する動きが続いたが・・。出来高は前日の26.8億株から22億株強と3日ぶりに縮小した。■業種別株価指数は全33業種中13業種が上げ、20業種が下落と5日連続で負け越した。値が利率上位は1位が繊維製品で1.50%高。輸出関連では機械、精密機器、電気機器などが値下がり率11位以下に並んだなか、輸送用機器はトヨタ(7203)が107円高の7407円となりスズキ(7269)は100.5円高と共に5日ぶりに反発したことからゴム製品とともに0.79%高で2位・・と自動車関連は反発した。一方、値下がり率上位となったのは金融関連で1位その他金融1.49%安、2位銀行1.20%安。3位鉱業は6日もNY原油先物指数が下げ止まらず1バレル=47.93ドルと2009年4月以来の安値となったことが嫌気され0.97%の8日続落・・、4位紙パルプ0.95%を挟み5位には0.92%の石油・石炭。そんななか、原油安に伴う燃料費減が好感された海運はバルチック海運指数の続落基調は止まないものの5日ぶりに0.61%反発し値上がり率で4位となった。

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


◆大成建(1801)が4日ぶり反発。前場には691円まで上昇し昨年12月29日に付けた昨来高値を窺う場面があった。クレディ・スイス証券が業績予想を増額修正し目標株価を800円から840円に引き上げたことが手掛かり材料視されたもよう。同証券は、利益成長を達成し続ける可能性が同業他社よりも高いうえ、株価が大きく動く材料が4-6月に集中していると指摘して現時点での買い増しを奨め、投資判断「アウトパフォーム(強気)」を継続した。筆者は目下、新幹線の産みの親ともいうべき島安次郎、島秀雄を描いた「日本鉄道物語」を16年ぶりに引っ張りだして朝夕の通勤途上で読み続け、また、録画していた島家3代と我が故郷の愛媛県西条市出身で新幹線建設を推進した十河信二故国鉄総裁の物語を繰り返し見ているところ。リニア中央新幹線への導線として再読・再視聴中の時間は新たな発見があって「至福の時」ともいえる・・。引き続き、建設セクターなどリニア関連銘柄を注目していきたい。●ニチイ学館(9792)が変わらずを挟み4日続伸し13年10月以来ほぼ1年3ヵ月ぶりに4ケタ台を回復してきた。昨年11月に発行済み株式総数の12.16%にあたる850万株上限の自社株買いの実施を発表した後、騰勢を強めているもの。今15年3月期連結経常利益予想は前期比15.4%増と3期ぶりに増益に転じる見通しから先行き期待の買いが広がったもよう。信用売り残株数20.98万株に対し買い残は2204万株、貸借倍率1.05倍とひっ迫、取組み妙味もある。医療事務受託最大手であり介護事業も拡大。今期は受験者数が想定以下の介護講座や英会話苦戦だが、主力の介護事業が好調で収益を牽引しており、中国での介護事業も拡大展開中だという。1100円台には12年4月高値1129円、09年8月高値1139円と1100円台前半の壁があるが、これを突破でき、下値切り上げパターンが続くなかでは継続「買い」として臨むべきか・・。

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ