バックナンバー

2012/12/14

◆明日15日夜、妻の長兄側の姪がオーストラリアに帰ってしまう。11月27日夜の来日だから実質18日間。妻に連れられ連日、きょうはどこの街のどこに行こうかと、街巡りとショッピング巡りが続いた。近場の自由が丘と二子多摩川。かつての妻のテリトリーだった赤坂、新大久保や六本木。そして、御殿場アウトレット、新宿、銀座、レインボーブリッジとお台場・遊覧船。横浜ベイブリッジ・赤煉瓦倉庫・中華街にも行き、昨日は2度目のチャレンジで東京スカイツリーに行ったし、きょうは海ほたる&木更津アウトレットに行ってきた。筆者も同行したのは2泊3日の冬の箱根旅。姪は、このまま、北欧に行くのかと思ったのだが、いったん、シドニーに戻り1週間休んだ後、出かけるという。結婚相手は義兄の目適うのが難しくまだ結婚には至っていない。が、旅行中の言葉使い、落ち着いた行動は、料理の上手さといい、いい加減が好きな筆者などの及ぶところではない。義兄の思う以上に厳しいしつけがしっかり身についた弁護士に成長しそう。友人達と過ごす北欧で何を学んでくるのか、写真と報告が待ち遠しい。

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


◆13日の米国市場は、新規失業保険申請件数、11月小売売上高など発表された経済指標は良好だった。が、「財政の崖」問題に進展がないことからNYダウが下げるなど続落した。もっとも、「財政の崖」問題はぎりぎりの場面で、急転直下の決定になると見るが、どうか?重大な事項決定は、一種の「気合い」みたいなもので、気(あるいは時)が満ちたとき、一気に決まっていくことが多い・・。■この日の日経平均は前日比5円安の9737円と小幅ながら3日ぶりに反落。16日の衆院選投開票を控え、利益確定売り先行のスタートとなった。日経新聞朝刊が、「自公300の勢い」と1面で16日投開票の衆院選の終盤情勢を報じるなど各紙そろって、自民党が圧倒、民主逆風止まずとの報道。そして、自公合わせて320が視野にとの報道も。320となれば、民主党多数の参議院で法案が否決されても、衆院で再可決すると法案が成立する衆院の3分の2議席を得ることになる。自公3分の2議席確保の先に透けて見える危うさを知るや知らずや、小泉大勝利、小泉ノー。民主大勝利、民主無責任に失望。そして、今回は・・?自民大勝利の先にどんな堕天使が待ち構える?それとも、天使が迎えてくれる?

◆前号紹介のショーボンド(1414)が2800円台乗せしホールディング化後最高値を更新した。9月高値2757円など2700円台の上値ネックラインをクリアしたのだ!!同社株だけでなく、道路トップの●NIPPO(1881)も12日の年初来高値を更新!!PS三菱(1871)、不動テトラ(1813)など建設株の一角や、日本橋 (5912)、駒井ハルテク(5915)など橋梁株に思惑買いが再燃し、軒並み大幅高となった。大成建(1801)、大林組(1802)も年初来高値を更新し、鹿島(1812)も急伸し、2月の年初来高値268円に後13円と迫った。●また、前号にも紹介した日本の小売業を支え流通を担う三菱食品(7451)も年初来高値を更新してきた。■電気機器、輸送用機器など製造業が円安に転じたことで買われたが、自公両党はいかなる「製造業強靭化計画」をお持ちか?

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ