バックナンバー

2015/02/23

◆日経平均株価は前週末比134円92銭高の1万8486円92銭と4日続伸した。前週末の米国市場は、NYダウは金融支援で欧州連合(EU)とギリシャ・ツィプラス政権が合意したことを受け3日ぶりに反発し過去最高を更新しSP500はも3日ぶりに更新。NASDAQ指数は連日で最高値を更新した。欧州ではドイツDAX指数昨年来高値を更新・・。ただ、ギリシャの同政権は財政目標など確約した実施する経済措置リストを23日に提出する必要があり、ユーロ圏財務相は改めで判断するという・・。円は小幅続落し、投資家のリスクを取る動きが先行した。この日、JPX400指数は11連騰となり6日連続で指数算出開始後高値を更新した。発表されたGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の13年度運用報告書によれば、国内株式運用額の86%をTOPIX、JPX400をベンチマークとするパッシブな運用。日銀は1月に日経平均、TOPIX、JPX指数の連動型ETFを3443億円購入し、2月は18日までに1322億円を買ったという・・!この日は日経平均指数採用銘柄の66.2%の149が上昇し67銘柄(29.7%)が下落。ただし、全銘柄では値上がり銘柄数816に対し値下がり923・・と値下がりが勝った。一方、ジャスダック平均は4日続伸。2006年5月以来の2400ポイント台回復!

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


◆前週末は4日ぶりに反落した東京ディズニーランド&ディズニーシーを運営する当欄期待のOLC <4661> だが、週明けは切り返し1日で3万円台に復帰した。1月20日に最高値3.2万円台を付けた後、今月5日2.7万円台割れ寸前で下げ止まり反転。1月高値挑戦の構えは整った!?訪日外国人観光客急増を背景としたインバウンド効果期待に加え4月1日の値上げに伴う来期利益押し上げ効果100億円との試算も期待感による買いを誘った格好に。●筆者古馴染みのセーレン <3569> が昨年来高値を更新し07年8月以来の高値1031円を付けた。今月5日発表の今15年3月期連結経常利益は6億円を積み増し前期比13.9%増の73億円予想。電波シールド材や高性能導電糸が伸び、09年2月安値から11年11月まで底練りした後の、中長期上昇基調は継続するとなお期待できそうだ。●かつて、本社工場を訪れたことがあるきのこ生産販売の雪国まいたけ <1378> が80円高の287円とストップ高!しかし、こちらは、米大手投資ファンドがTOB(株式公開買い付け)で子会社化を目指すと報じられたことが買いを集めたとあり、気持ちは複雑・・。4月6日でのTOBに必要な資金は最大で95億円程度・・。筆者がいった頃は、不適切な会計処理が発覚したことから2年前に社長を辞任した創業者は元気いっぱいの上場間もない頃・・。しかし、「その後も大株主である元社長ら創業家側と、現在の経営陣の間で経営方針を巡る対立が続いていて、ファンドとしては、子会社化することで経営の問題を解消して収益を向上させる狙いとみられます」と報じられた。

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ