バックナンバー

2012/03/12

◆きのう3月11日で東日本大震災から1年が過ぎた。先に一度記したことがあるが、1970年代央に東北・上越旅行の基地として利用していた、福島県いわき市の塩屋崎灯台北にある海岸沿いの民宿は、当時の小学生が女将として後をついで1日2組限定で営業していたが被災。家族は全員無事だったものの、当時と違って見違えるように明るくなっていた家屋は全壊した。また、ドライブ仲間の会社同僚3〜4人のうち、一人は民宿から遠くない町に戻って住んでいたが、不明・・。そして、会社の同僚には岩手県出身者が多くいた。が、筆者が退職した後は会うこともなくなり、今となっては探しようもない。岩手に戻っていたならば、無事であると期待するしかない。悔いが残り、きのうは、東北・上越旅行時に撮った写真を改めて見直した。近頃、関東でひんぱんに地震があるのが懸念されるが・・。

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


◆さて、日経平均は前週末比39円安の9889円と3日ぶりに反落した。NY市場では素材・資源関連、金融関連などを中心に3分の2の銘柄が上昇した。9日に発表された米2月雇用統計では、非農業雇用者数が市場予想を上回り3カ月連続で20万人を超えて着地した。東京外為市場では海外の昨年4月以来となった円安を反映、円は対ドルで大幅に3日続落でスタートしたことから、日経平均も1万円台で始動した。しかし、その後は、円が下げ渋ったことや直近で急騰したうえ、前週末に続き1万円台を維持できなかったことから、利益確定売りが優勢となっていった。ただ、東証2部株指数は15.22ポイント高の2403.65と続伸し、東日本大震災前日の昨年3月10日に付けた終値を上回った。値動きの軽さと買い方の回転が効いていることが、買い方を強気にさせている。

◆この日11時に発表された王将フード(9936・大証)の2月度既存店売上高は(閏年で営業日が通年よりも1日多い29日となったこと、前年同月が10.2%減と厳しかったこともあるが)前年同月比3.6%増と実に21カ月ぶりにプラスに転じた!ことが材料視された。知友の食品アナリストは「閏年なども考慮せねばならないが、同時期にブームとなり低迷が続いているサイゼリヤ(7581)が同条件で3.2%減となったこととは好対照だ」とブログで記した。そして、当欄でも記してきた「丸亀製麺」のトリドール(3397)は「昨年5−6月からの注目だが、既に、株価は2倍」。しかし、「王将は底値から見ても10%の上げにとどまる」と指摘、「これからがスタートという感じ」だという。ちなみに、「春研一さんのブログ」と打ち込み「グーグル検索」すれば、「株式投資をファンダメンタルから極める」ことができる!筆者証券会社時代の知友の一人だ。当欄でも多くの銘柄が彼のブログから登場している・・。

◆大塚HD(4578)は2200円台の上場来の壁を突破後、2300円台に入ってきた。昨年9月8日安値1941円を基点、11月2日安値を二番底とした今回の上昇相場で、上値の関門を一気に取り払った。もちろん、直近で大きく上昇しており、全般相場が調整色を強めれば、同社株の下げも急となっても不思議ない。が、「2200円台割れは買い場」となったとみてウォッチングしたい。前号記事を参照していただきたい。

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ