バックナンバー

2013/04/23

◆今度のNHK連続テレビ小説は久しぶりに初回から続けて見ている。前回の朝ドラはテンションが高すぎて、筆者は見るに耐えず早々にパスした。が、今回の「あまちゃん」は続いている。ひとつは舞台の久慈市には学生時代の好印象が残っているからだ。筆者にはあと2年で半世紀を迎える大学1年の夏、学友と二人で、テント道具を背負い北海道周遊旅行に出かけたことがある。その途中、久慈駅で下車し、久慈の海岸沿いを歩き続けた。日が暮れはじめ、テントを張ろうとした時に、呼びかけられて漁師宅に上がりこみ、主人のご馳走に感激。解禁されて間もないウニを食べておいしかったこと!結局、その夜は浜辺ではなく、漁師さん宅で一泊お世話になり、翌日、北海道に向かった。証券会社時代には何度となく東北ドライブ旅行をした。が、久慈といえば、最初の長旅となった学生時代の記憶が浮かんでくる。久慈から三陸を海沿いに仙台まで車で下ったのは、土曜日が休日となった1970年代央からのことだ。明るい部屋に休み、真っ暗な海に時々船の灯りが通り過ぎるのを見た。風は海から部屋に向かって心地よく渡ってきた・・。そして今、「あまちゃん」で朝を迎える!

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


◆さて、片倉工(3001)は大幅高で5連騰。2日安値926円からこの日高値は1730円。いったん、利益確定売りも良しであろう。一時住んださいたま市と信州旅行の拠点のひとつとなった松本市で再開発計画を進め、学生時代から馴染みの諏訪地区に素敵な温泉施設を有す同社だが、急騰は急落につながるのがこの世界。基本は、「不動産・含み思案関連株は1単位持つ」であろうが・・。

◆一方、国土強靭化関連株として記してきたショーボンドHD(1414)が、11日に付けたHD化後最高値3660円を更新した。年初来3600円台が上値岩盤となってきたが、これを一気に突破したのだ!テクニカル面でも先行き相場への期待感が一段と高まった。NIPPO(1881)、ライト工(1926)など道路舗装工事関連や橋梁工事最大手の横河ブHD(5911)などとともに「国土強靭化計画」関連銘柄として見直し人気が一段と高まってきたもの。住友大阪セメ(5232)、太平洋セメ(5233)の利益が急拡大しているのも当然ではある。PERに割高感があるのがきになるが、調整色を強めたところ(もちろん、基本は下値サポートラインを割り込んでいないことだが、たまには例外もあろう)での買いは良しか。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ