バックナンバー

2015/05/19

◆日経平均株価は前日比136円11銭(0.68%)高の2万26円38銭と3日続伸し、4月28日以来の2万円台終値となった。前週末、ギリシャ債務不透明感が再度強まり、ギリシャ国債が売られユーロが下落するも独英ギリシャ株は上昇。企業再編絡み株物色なども交えNYダウは3日続伸し3月2日以来2ヵ月半ぶりに最高値を更新、SP500種指数は3日連続で最高値を更新した。欧米の強い動きから、NY市場で円安推移となった円は3日続落で始動し、東京市場も朝方から買いが先行。後場なかばにかけ上げ幅を拡大、利益確定売りをこなし2万円台乗せを維持して終了した!■日本製紙(3863)は続伸し2000円台を回復し、●島津(701)は一時1705円と上場来高値を2日連続で更新した。今3月期は3期連続最高更新かつ初の経常300億円台乗せ予想にある。●西武HD(9024)は3日続伸し、4月に3695円の現体制下での最高値を付けた後、前週にかけ調整色を強めてきたが、2020東京オリンピック大会を控え、同社プリンスホテルを中核のホテル・レジャー事業に後押しされ、75日移動平均線、13週線の中期線に下支えされ格好で上昇基調を継続するか?9年ぶりに再上場してから1年が経過したここから、チャートだけでなく、旧赤坂プリンスホテル跡地にまもなく誕生する「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」をはじめした同社を、当欄もここからウォッチングを開始!●ジェイテクト(6473)はすかさず反発し、昨年12月の高値を更新。2007年11月以来7年半ぶり高値水準を付けてきた。今期予想PERはまだ13倍台にとどまる。北陸新幹線でもベアリング(軸受)を供給し安全・快適高速走行を下支える!見えないところで日本の新幹線を支える企業として、世界にも定評あり!なお、見直し余地大!とは当欄が叫ぶだけではない筈・・!

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


◆ユナイテッドアローズ(7606)が2日ぶりに年初来高値を更新し、昨年11月の急失速直前高値4210円以来の高値水準に戻してきた!8日取引終了後に発表した15年3月期連結決算で経常利益は前期比16.0%減の115.42億円と6期ぶり減益となり、今16年3月期連結経常利益予想は前期比1.1%増の116.69億円と小幅増益にとどまるが・・。今期業績回復を期待した買いが続いている?同社は衣料・服飾品などを全国展開するセレクトショップ大手。株価は、決算発表後の翌週11日朝から買い先行の展開となり、12日、15日と年初来高値を更新。前週末に一息入れたたうえ、竹田光広社長が決算説明会で、「減益となったのはすべて、顧客意識の欠如が原因だった」と反省の弁を述べ、顧客ニーズ対応型商品企画・宣伝・接客にむけ部門間の連携を徹底強化することを重点取組課題として今期に臨むとした!去る7日発表の4月度既存店売上高(小売り+ネット通販)も前年同月比4.0%増と前年実績を上回っていたこともあり、(増益率の低さは気に入らないものの)今期業績回復への信頼感は高まりつつある!?昨年は4200円台が厚い上値関門となっており、4000円とび台前半から4000円割れ場面があればベターだが、同社株もここからウォッチングを開始しよう。

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ