バックナンバー

2011/05/09

◆東日本大震災が影を落した5月のゴールデン・ウィークが終った。福島県いわき市で1970年代にお世話になった民宿が被災、全壊状況だが全員無事だとようやく判明。世代交代はしたが、再建・再開を待って妻と訪れようと話しした。連休前半は近場に出かけたものの、後半はゆっくり家でのんびりすごした。そして、8日は午後に妻と銀座で待ち合わせ、私は本を1冊買い、妻はたまには服を買っておしゃれしなくちゃといい、「母の日」だからと義母の服も買った後、義母を引っ張り出して3人で夕食・・。夜、ソウルの姪っ子に電話。司法試験の壁にぶつかった泣き虫姪っ子の泣き声が聞こえて、GWは終った。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


◆連休明け、日経平均は64円安の9794円続落スタート。12日には3月期決算発表のピークを迎えるが、ジリ安基調に終始し出来高、売買代金とも4月26日以来の低水準にとどまった。6日のNY原油先物続落にも素材・資源関連株は堅調に推移した。しかし、前週末に 菅直人首相が中部電(9502)浜岡原発の全面停止を要請(9日引け後、中部電は停止要請を受諾と発表)したことを受け、円が4日ぶりに小安い展開となるなかも、製造業の業績への影響が懸念され、輸出関連株が下げた。海外でも、6日発表の米4月雇用統計は非農業雇用者数が大幅に7カ月連続で増加したが、失業率は9.0%に悪化。欧州ではギリシャがユーロ圏から脱退するとの観測が広がり、ユーロが主要通貨に対し大幅に下落。米国ではNYダウが4日ぶりに反発した。

◆原発関連株は大きく下げたが、この日14時台後半に決算発表した当欄注目銘柄の新興プラン(6379)は一時924円の高値を付けた後、2円高の916円で終了。3月後半に年初来高値990円を付けた後、調整色を強めているが、13週線沿いの上昇基調を刻んでいる。前11年3月期連結経常利益は連続2割超減益だったが、今12年3月期はグループ2子会社を連結対象とするほか、大震災の影響による復旧活動や事業環境の変化に対応していくといい、前期比13%増収、14%連結経常利益増益を予想している。予想1株利益は79円。PER11倍台だ。ウォッチングを継続。

◆節電関連株としてLED(発光ダイオード)関連が好人気。オーデリック(6889)はキリンのような高足首長の日足チャートを描き、3月16日安値からきょうの4年ぶり高値1535円まで3倍化超の上げとなった。●そこで、注目は、低位株だが4月に「LEDの明るさを約1割アップさせる新素材を開発」したと報じられ急騰したタムラ(6768)。その後、200日線に下支えされ、高値保ち合いが続いていたが、この日、活況裏に大幅高し、280円処の年初来上値ネックライン突破から一段高が狙える格好となってきた。問題は、11日引け後に発表予定の決算および今期予想だ。前期最終赤字転落修正したが、今期は期待できる?■当欄銘柄では、エコカー電池材関連の戸田工(4100)の動きに期待。決算は13日発表予定。3週連続で52週線を上抜いており、きょう、動意付いた?●栄研化(4549)に期待。7日付けの日経新聞朝刊は、「大塚製薬が結核治療の分野で、米マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏らが設立した世界最大級の慈善団体と連携。大塚製薬が治療薬、同社が筆頭株主の栄研化は診断薬を開発・発売する」と報じた。大塚HD(4578)は年初来高値を更新し最高値更新は目前だ。ならば栄研化も! 

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ