バックナンバー

2015/06/04

◆日経平均株価は前日比14円68銭高の2万0488円19銭と3日ぶりに小反発した。朝方から買いが先行し、前日比78円95銭高の2万552円46銭まで買われた後は、1日までの12連騰疲れも見え利益確定売りなどで伸び悩んだ。後場、後半には2万450円割れとなるなど下げに転じる場面があったが、その後、大引けにかけ巻き戻しプラス圏を回復する格好となった。米雇用統計発表を5日に控え、先行して発表された米5月民間ADP雇用レポートで前月比増加幅が拡大し、4月貿易収支も改善したことを受け米国株は反発。欧州ではギリシャが受入れ可能な合意を目指し欧州委員会は現実的になることを求めたなどと伝わるなか、欧州株も上昇。ドルが買われ円は対ドルで反落したが、対ユーロでは140円台と1円以上の円安推移となり、この日も輸出関連株に買いが先行。欧州景気回復期待を背景に欧米金融株が上昇した流れを受け金融関連は保険、証券・商品、銀行株が値上がり率トップ4に入るなど輸出関連とともに堅調展開となった。一方、2日高値で5月安値から1割弱上げ08年8月以来の高値水準となった水産は利益確定売りに続落し値下がり率1位となるなど内需関連が値下がり上位に並び、その後に、3日NY原油・金先物、LME銅・ニッケルなど商品市況安を受け鉱業など関連セクターが続き、海運はバルチック海運指数続伸も4日続落と5月26日戻り高値後は続落基調となっている。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


◆1日に当欄デビューした●メタウォーター(9551)は一時3465円まであり2日ぶりに最高値を更新。なお、引き続き下値待ちの姿勢ででウォッチングしたい。●また、「新幹線など高速車両の台車を支える」当欄主力銘柄のひとつジェイテクト(6473)は2日に8年4ヵ月ぶり高値水準を付けたあと高値水準で一服・・。4月安値1778円から639円(36%)高したことから、ここは「2100円台でWトップを形成した昨年12月の2150円水準を下値のメドとした」調整場面が欲しいところ。当欄5月4日号では<12年11月安値を起点とした26週線(1932円)、52週線(1816円)絡みの水準を大幅に割り込むことがない限り、両移動平均線ラインで「買い」とする。>と記した。が、「2200円台前半から昨年12月高値2155円水準への調整場面で拾っていきたい」と変更する。第1四半期決算発表は7月下旬予定だが、発表接近時まで調整場面が欲しい。なお、今週1日付けでクレディ・スイス証券が投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に、目標株価を2000円から2800円にそれぞれ引き上げていたことを筆者が失念していたものでこの日気付かされた。担当の黒田真道アナリストは上期決算発表時には通期の業績予想の増額修正の可能性を記し、同時に、増配も期待できそうだと記していた。ということで、

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ