バックナンバー

2014/12/15

◆年も押し迫っての3週連続週明けの病院経過診察は、順調というか変化ナシというか・・なんだかはっきりしないままこの日で終了。次は、年が明けた後の再診に・・。病院通いでは先輩?の妻に、不規則すぎる生活習慣病みたいなものだと一言突っ込まれても返す言葉はなかった。そんな時は、妻の大好きなオーストラリアの姪っ子の話を持ち出して話題を移してやり過ごすのが一番だ・・・。■週明け、そして、前日の総選挙明けの東京株式市場で、日経平均株価は前週末比272円18銭安の1万7099円40銭と急反落した。前週末の海外市場は、中国経済の指標悪化に加え、国際エネルギー機関発表の新年の世界石油需要見通し引き下げを受け、NY原油先物は大幅続落し1バレル=57ドル台と09年5月以来5年7ヵ月ぶり安値水準に下落、世界株式市場の一段の下押しリスクの高まり、欧米株が大幅反落。NY円は米景気改善期待から続落したものの、東京外為市場ではNY原油先物安を背景に円は反発。総選挙で与党勝利もマーケットは既定の線とされ朝方から売りが先行し10分過ぎにはこの日の安値を付ける。9時台後半にかけ下げ幅を113円強に縮めた後は、物色のコアとなる銘柄、業種も現れないまま、引けにかけ次第に上値を切り下げる展開・・となった。■業種別株価指数は31業種が下げ、NY原油安にも国際石開帝石(1605)高効果の鉱業が0.69%の3日ぶり反発、ローソン(2651)の大幅続伸が効いた小売が0.45%の7日ぶり反発・・と2業種が上げたのみ。一方、値下がり率1位は2.46%安の輸送用機器で5日続落、トヨタ(7203)燃料電池車人気の反動安も・・。2位保険2.45%、3位空運2.40%、4位ガラス土石2.19%、5位はガス・電気1.99%安と続き、円高が嫌気された輸出関連、や金融関連が上位に並んだ。

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


◆当欄注目株のひとつ物語コーポ(3097)が変わらすを挟み大幅続伸。一時、145円高の3685円と11月4日に付けた年初来高値3730円以来の高値水準を付け、終値でも120円高の3660円で終了した。前週末12日発表した11月度直営既存店前年同月比が全業態で7.6%増と好調裏に着地したことから先行き期待の買いを誘ったもよう。焼肉は7.9%増、ラーメン5.8%増、お好み焼きが9.3%増、専門店6.8%増・・とそろって5%超の好伸!焼肉が引き続き好調なうえ、回復傾向にあったラーメンが順調に拡大。「日本の問屋は永遠なり」の著者有賀泰夫アナリストは、「加えて不調を極めていたお好み焼きも大きく伸びており、全業態が好調であり先行きに期待を抱かせる月次となっている」と指摘。そして、「同社の場合、前年度にカッパ・クリエイトの撤退跡地をまとめて取得し、前期にはその取得費用が経費としてオンしているため、既存店が伸びた割には利益の伸びは低水準に終わっている。その面で、今期は逆に既存店以上に利益の伸びが期待されるところである」と指摘した。株価は、昨年9月に上場来高値を付けた後、今年2月にかけ大幅に下げた。しかし、今期予想PER15倍台には依然割安感があるうえ、長期移動平均線(24ヵ月線)沿いの上昇基調にありもう一段上の相場を狙う格好となっている。●住友鉱(5713)が3日続伸。朝方は売り先行も、その後、上げに転じ堅調推移となった。前週末のNY金先物(2月限)は1トロイオンス3.1ドル安の1222.5ドルと3日続落も、LME銅先物が3日ぶりに反発し11月27日以来の高値水準となり、LMEニッケル先物もまた6日ぶりに急反発・・と非鉄金属市況上昇を手掛かり材料視した買いが広がったようだ。9日に年初来高値を付けた後、全般相場が急反落展開となったことから、11日にかけて弱含んだが、その後、海外非鉄市況高を背景に終値は1800円台と高値圏で踏み止まる頑強展開となっていることも買いを誘っているもよう。引き続き、海外の商品市況次第で思惑人気を高める?こちらは、全般波乱相場の中での思惑株と割り切って買うか?

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ