バックナンバー

2012/03/13

◆日経平均株価は前日比9円高の9899円と小反発。3日連続で1万円台乗せ場面があった。しかし、この日の日銀政策決定会合後に追加緩和の発表がなく、14時過ぎから円高に振れる場面もあり、全般利益確定売りに押された。そして、2日連続で9900円を割り込んでの大引けとなった。12日の欧州市場では、英・仏・独株が4日続伸する一方、新証券への交換が終了したと発表したギリシャではやれやれの売りに株は3%を超えて続急落するなど高債務国の株価はそろって続落した。米国では、中国の景気懸念から商品市況反落はあったが、ディフェンシブ株が下支えしてNYダウは4日続伸。1万3000ドル台挑戦が続く。ただ、株価は大台や中台を意識し過ぎると、動きがぎくしゃくし始める。少しバランスが崩れただけで大きく傾くことがあるから注意したい。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


◆さて、東急(9005)はこの日高値418円と09年10月以来の高値を付けた。1月第4週に368円の直近安値を付けた後は、変わらずを挟み8週連続で週足陽線を引いたことになる。400円とび台から利益確定売りが出やすくなるなか、ここから400円台前後が下値固め圏となるか注目しウォッチングを継続しよう(あるいは、利益確定売りもよしとする)。●NTT都市(8933)は1月20日付け当欄に「面白いのはNTT都市開発」と紹介したのが最初。週足ベースでは長期続落基調にあるが、昨年12月の上場来安値4.78万円から、この日高値7.03万円まで上昇。昨年震災後につけた7.1〜7.3万円台が上値ネックラインとなる?上場来安値が基点のこの相場、7万円台のネックライン前後で利益確定も良しか。●しかし、住友不(8830)は1月安値1302円からこの日2014円の戻り高値まで9週連続の週足陽線!とやはり上昇ピッチは急だ。見立て間違いしてしまった?いや、過剰流動性相場ゆえに不動産関連セクターは上値をなお残すとみている。出来高から、原子炉容器の世界第1人者日製鋼(5631)をここから「買い」ウォッチングしよう。2月8日に664円まで浮上し、昨年4月震災後に付けた高値668円に急接近。その後、調整局面にあるが、出来高は高水準のまま推移していることに注目したい。52週移動平均線をプラスかい離していることも追い風となる。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ