バックナンバー

2014/03/27

◆実質新年度入り相場のスタートは思いがけず上々発進!日経平均が100円前後の権利落ち分を埋め、前日比145円73銭高の1万4622円89銭と大幅続伸し、前日回復した長期相場を示唆する52週移動平均線とのプラスかい離を拡大した。日足ベースでも200日線を13日以来2週間ぶりに回復して終了したのだ。前場は、26日のNYダウが(オバマ大統領がロシアへの制裁強化に言及したことを受けウクライナ情勢懸念が高まったため)急反落したことから、20日以来の安値水準となるなど軟調に推移した。しかし、後場に入り、円高展開のなかも海外ファンドによる先物買いや3月期末を意識したドレッシング買いなどに牽引され上げ幅を拡大する展開となり、大引けにかけてもう一段上を追った。■TOPIXは4日続伸した。が、4.83ポイント(0.41%)高の1176.90と先物主導で走った日経平均の上昇ぶりに比較しやや物足りない格好となった。業種別株価指数は22業種が上昇し11業種が下げた。輸出関連、内需関連が値上がり率、金融関連が値下がり率で上位となり、素材・資源関連は強弱が別れた。■値上がり率1位は小売で2.27%の3日ぶりの反発。●セブン&アイHD(3382)傘下の「セブン―イレブン・ジャパンがJR西日本(9021)と提携し、駅構内にコンビニエンスストアを出店する」と日経新聞が報じたことが買いを集めたもの。4月消費増税開始もセブン&アイの存在感はコンビニ業界にとどまらず消費前線の先行ランナーとしてなお走り続ける意志表示を日経が読んだともいえよう。現在の予想PER20倍台は少々つらいものがあるが、HD化後まもない06年1月に付けた最高値5420円を取りにいく相場は想定してよさそうだ。そして、2位精密2.06%の続伸、3位ガス・電気1.95%の3日ぶり反発、4位ガラス土石1.87%の続伸、5位倉庫・運輸は1.56%の反発だった。明日につながるか?市場エネルギーを見ると、1部市場出来高は3日ぶり増加に転じ、前日比1.4億株弱増の25億8396万株。直近ではやや活況水準となる25億株台を1日で回復した。売買代金は3日ぶり増加に転じたが2.5兆円台回復はならず。上値を継続して追うには、明日以降のエネルギー拡大が不可欠。問題は、国内事情ではなく、欧米動向・・。海外勢次第でホットにもクールにもなってしまうということ。

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


◆前号紹介の岩谷産(8088)で「プロパン・ボンベ」を持ちだしたが、我が家でも久しく食卓に持ち出すことはなく、帰途、かつての食卓を思いだしながら苦笑・・。が、株価は一時660円と続急伸。2月戻り高値にあと2円と迫った。2015年にはトヨタ(7203)、ホンダ(7267)が燃料電池車(FCV)を市場販売する予定だ。

◆FCVは、水素を燃料とする発電機を搭載し、水素と酸素を反応させ電気をつくり出してモーターを回して走る。電気自動車(EV)の排気ガスゼロに対しFCVは水がでるが排気ガスは排出ゼロ。ちなみに、2011年末時点で全世界の四輪車保有台数は10.7億台(日本自動車工業会HP)で6.5人に1台!昨年の販売台数は8300万台超と4年連続最高更新。自動車の排気ガスによる大気汚染への影響は拡大していくばかり。まして、中国やアジアなどで拡大は急。現況の電気自動車充電時間は通常約8時間、急速充電でも30分。FCVは約3〜5分。政府は13年度EV普及へ補助金1000億円強の予算措置がとられている。そして、FCVには成長戦略「日本再興戦略」中に2015年のFCV市場投入に向け、FCVや水素インフラに関連する規制見直し、水素ステーション整備を支援。「世界最速の普及を目指す」としている。実現して欲しいものだ!

PR : 儲かる買い方を診断する分析ツールSTOCKBOARD。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ