バックナンバー

2012/12/18

◆毎年12月は私たち夫婦の祝いの月だ。1981年12月に出会い、翌82年12月に結婚式を挙げたのだ。81年12月といえばソウル市などにはまだ夜間通行禁止令があった時であり、北の攻撃に備え、昼間の大通りではサイレンが鳴ると、地下街に入らねばならないなど避難訓練がある頃だ。外国人でも同じ扱いを受けるとされていた。幸い、筆者が街に出た時にサイレンが鳴った覚えはなく、どこかに避難した経験はない。ただ、街中は凍える寒さだから、デパートや店舗伝いに街を渡っていった覚えがある。夜のソウルの街にはネオンサインなどは許されず、全くない。そして、街中がひっそりと眠っている感じがした。そして、厳冬期には冷蔵庫の中にあるミニチュア街にいるような氷付いた感じの風景があった。翌82年1月5日には多くの地域で夜間通行禁止令が解除された。■88年のソウルオリンピック開催は81年9月に決定されていたが、当時、オリンピックのことが話題となったことは無かった。オリンピック会場となった漢江の南側地域などには、ただただ道路ばかりが四方に分かれてどこまでも遠くまで伸びているばかり。建築物は全く無く、ところどころに花屋さんの掘っ立て小屋と少しばかりの花があっただけ。漢南地区には今、ソウル一の繁華街となっているが、当時はそんな想像などまるで生まれない風景が目の前に広がっているばかり。そして、当時のサムソン電子といえばまだまだ夜明け前。デパートではソニー(6758)のテレビが韓国製テレビの倍以上の価格だったが、ソニー製テレビの人気は抜群であり、日本製の電子ジャーは主婦の憧れだった・・。東京、横浜が今も拡大し続けているように、ソウルもまた拡大し続けている。妻へのプレゼントはまだ思いつかない。サプライズがあるのは何か?決まらない・・。東京には「夜間通行禁止令」は無いのだから、街をぶらぶら歩きつつ考えることにしよう。

PR : 貴方の知らない売買テクニックがここにあります。


◆ぼちぼち狙おうとしたプリマハム(2281)だが、2011年1月以降、今に至るまで52週移動平均線沿いの上昇基調にあり、三角保ち合いからの上放れを待っているところだ。新年相場に期待しよう。●データセンター運営のビットアイル(3811)(ジャスダック銘柄)は今13年7月期で4期連続経常2ケタ増益予想。知友アナリストは、月初に発表した第1四半期連結決算は、前年同期比15.9%増収、14.3%経常増益だった。上期計画比ではそれぞれトレンドを上回っていると指摘・・。●そして、ショーボンド(1414)は正月前に最低単位を残し、利益確定売りをしよう。

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ