バックナンバー

2012/10/19

◆前週末は大学映研の同窓会だったが、明日は知友アナリストの7月にスタートした株式セミナーの3カ月ぶり第2回に出席と2週連続の外出。日曜日は教会の礼拝に出席するので帰宅は夕方となるから、休日が休みになっていない。今はまだ、身体に変な変化は現れず、無理が利く間は、休日返上もまた楽し・・だ。ただ、週日となれば、毎日、日が改まった後の帰宅だから、身体を休めることは必要だ。幸い、1日4〜5時間の睡眠で体調は万全だ(頭のほうは?)。しかし、毎週のように買い込むテレビ、映画、芸能、アウトドア関連書物が、早く読んでくれ!と毎日のように迫ってくる・・。身体も頭もひとつしかないので、時々は、それらを置き去りにして、車旅したいと思うが、なかなか、70年代後半のようにはいかない・・。まずは、明日のセミナーでの再会が楽しみ・・

PR : リアルタイムで「買い信号」点灯銘柄をスクリーニング。


◆さて、日経平均株価は前日比19円高の9002円と5日続伸し、9月27日以来の9000円台回復!朝方に利益確定売りをこなし9000円台を回復した後、いったん上げ分を失う場面があったものの、再び、ジリジリと下値を切り上げる展開となり9000円台での大引となった。米国株はグーグル決算が嫌気され、ナスダック指数、NYダウとも利益確定売りにそれぞれ4日ぶりあるいは5日ぶりに反落した。しかし、フィラデルフィア連銀景気指数が改善するなど引き続き米景気堅調を示唆する経済指標発表が続いている。加えて、国内では30日開催の日銀金融政策決定会合で、金融を追加緩和するとの期待もあり円が対ユーロ、ドルで続落したことが後押しした。

◆当欄が内需関連にこだわり続ける間に、欧州の債務不安後退、欧米経済指標好転、中国も一部景気指標好転とも伝わり、幾分か前のめりの相場となってきた。引き続き、テクニカル面でも着実な右肩上がり銘柄をベースに材料、業績を絡ませた中期狙い銘柄をピックアップしていくことにしよう。

◆先に、スマホ関連広告の拡大が業績を後押しと期待した銘柄のひとつ、ファンコミ(2461)が大幅高し4日連続で年初来高値を更新。2010年4月以来の高値を付けた。18日に、「フィーチャーフォン・スマートフォン対応アフィリエイトサービス『Moba8.net』の提携パートナーが20万サイトを突破した」と発表したことが引き続き材料視されている。スマホ向け「Moba8.net(モバハチネット)」の提携パートナーは06年3月サービス開始から、約6年7カ月で20万サイトを達成、累積の契約広告主数は10月現在で4100となっている。同社の「Moba8.net」はフィーチャーフォン・スマートフォン向けの広告数では国内最大級だ。「15日に発表した同社9月度単独売上高は前年同月比40.3%増。7月の45.8%増、8月の41.8%増と伸び率は若干頭打ち傾向が出てきたものの、依然、高い伸びを維持している。なお、8月度からは連結売上高の発表が始まり40.1%増、9月度は40.7%と高水準に変わりはない」とセミナー講師となる知友アナリストは指摘している。チャート?いい!リーマン・ショック後、09年8月高値18.13万円をトップに、10年11月安値8.08万円をボトムとした長期三角保ち合いを形成しており、19万円台乗せとなれば、確実には20万円台乗せとなれば中勢上昇基調入り、中期押し目買い相場に発展する!?

PR : 誰よりも早く!業界初の「分足テクニカル・スクリーニング」。


魁−SAKIGAKE−
株式市場の第一線で活躍するベテランアナリストの鋭い視点で、ひとつ先の相場を読む、プロフェッショナルレポートです。

筆者プロフィール
熱田和雄
1946年1月生まれ。

同年生まれの吉田拓郎ファンであり、写真家アラーキー(荒木経惟)大好き人間。1960年代後半の闘争の時代に明冶大学退学。証券会社に入社。市場部での場立を経て調査情報部で23年間あちらこちら走りまわり、各種証券関連リポートを書き続ける。自社リポートのほか新聞・雑誌記事を執筆。90年代後半の金融危機時に、28年半勤めた証券を退社。2000年代も、記事を書き続けている。

愛用のチャートソフトはSTOCK BOARD

リアルタイムチャート

スクリーニング
STOCK BOARD
2週間お試し受付中!
メールマガジン

アナリストレポート「魁」など有力銘柄情報を配信〜トレーダーナビ

   

メルマガバックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ